Q. 鍼って痛くないですか?

A.鍼灸の鍼は非常に細く、直径が0.20mm〜0.30mm程度のものを当院では使います。大体髪の毛程の太さです。鍼は皆様が思っているほど痛くありません。ツボに鍼が打たれたときの感覚を「ひびき」といい、ひびきは経絡(ツボの道筋)を通って伝わります。注射したときの様な痛みとは明らかに違うもので、「ひびき」は、重だるい感覚であったり“つーん”とくるような感覚のもので、じわじわと広がったりします。

Q.鍼を受けたいですが感染することありますか?

A.鍼はすべて使い捨ての鍼を使用し、その他の器具もきちんと消毒されておりますので、感染することはございません。

Q.西洋医学の検査では異常はないと言われていますが、体に痛みがあります。この様な症状を鍼灸で治療できますか?

A.西洋医学では病名がつかないけれど、不調が出てくることはございます。中医学(東洋医学)では西洋医学と違う観点から、身体と病気のことを診ます。むしろ西洋医学で病名のつかない病気は中医学の得意分野です。 鍼灸治療は特に痛みに対して、非常によい効果を発揮しています。実際、頭痛、三叉神経痛、肋間神経痛、腰痛、坐骨神経痛、生理痛、手術後の痛みに対しては、鍼灸の効果が大いに発揮されます。鍼灸治療を行うことによって気血の流れがスムーズになり、痛みが和らぎます。

Q.治療にかかる時間はどのくらいですか?

A.初診時は診察の為にお話を伺うので、約1時間程です。2回目以降は、30分〜50分位です。

Q.治療の際に必要なものはありますか?

A.治療の際は必要な部分の肌を出さなければなりませんので、きつい服装は避けて頂き、ジャージや短パン、ランニグシャツ、キャミソール、スパッツ等の着替えをご用意頂けると幸いです。

Q.お灸は熱いですか?痕は残りますか?

A.当院では基本的に棒状のお灸を使い直接肌には触れませんので、感覚的には“熱い”というより、“温かい” と感じるものですので、痕も残りません。





HOME 鍼灸治療について 美容鍼について 頭皮鍼について プロフィール アクセス
健康保険と料金 診療日ご案内 お問合わせ 院内紹介 よくあるご質問 リンク